2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック(-) | コメント(-)

FC2BLOG のカテゴリー 

FC2BLOG の弱点の一つがカテゴリーの部分です。1記事1カテゴリー、カテゴリーは1階層。カテゴリーの並べ替えにも問題あり。
おそらくカテゴリーに関する共有プラグインの数は、他を圧している理由はそのあたり。


一つの記事に複数のカテゴリーを付与したり、カテゴリーには親子関係を与えて階層化したりするのは、最近の Weblog CMS にありがちな機能だ。またカテゴリーを一意的に与え、ツリー状に整理・分類するのではなく、タグあるいはラベルという方法でフォークソノミー的な分類を付与するのもありがちな機能だ。だが現状のFC2ブログのそれは不完全なものだ。

おそらく、記事の数量が3桁を越えた辺りで単一カテゴリーをフラットに与える方法が破綻し始める。これは経験的なもので、一目で把握できる選択肢は大雑把に10以下だろうという感覚を、カテゴリーが10個あり、1カテゴリー10エントリーという数字に当て嵌めた場合の数字でもある。

FC2ブログにはカテゴリーによる分類方式の他にユーザータグというフォークソノミー的な分類が用意されている。しかしFC2ブログのユーザータグにはメンテナンスが非常に面倒だという問題がある。記事作成・変更時に記事とユーザータグが生成され、記事との紐付けもなされるが、記事との紐付けを解消しても、一度作成したユーザータグは消滅しない。またユーザータグを一覧して保存したり削除したりする機能も用意されてはいない。

FC2ブログのカテゴリーについては、カテゴリーのソートが面倒で、↑↓連打でソートすることになるが、これは些細な問題である。ソートされた状態だと、過去記事修正時に、記事のカテゴリーが正しく設定されず、新規投稿時のデフォルトカテゴリーが与えられてしまう。これに対する回答は「カテゴリーの並び順をクリアーする」を利用せよとの事だが、それはソート順をリセットすることだ。

[関連リンク]


以上に様にFC2ブログの公式な機能で不足する部分を補うため、ユーザー作成のプラグインであるところの共有プラグインには、多くのカテゴリー拡張(ツリー表示化)のためのプラグインが存在する。

[関連リンク]


大雑把にカテゴリーのツリー表示化プラグインには2パターンある。
一つは、標準のカテゴリーのリストを大カテゴリー+区切り記号+カテゴリーで記述し、それをプラグイン内部で切り貼りして階層化して表示するタイプ。
もう一つは、標準のカテゴリーに手を加えず、プラグイン内部に大カテゴリーの名前とカテゴリーとの紐付けを記述して処理するタイプ。

[関連リンク]


前者は、初期設定も簡単だし、管理者ページでのメンテナンスもしやすいのが利点だが、閲覧者が javascript を無効にしている場合の見栄えは良くない場合が多い。(ワンダと巨像と土と空, テンプレート&プラグイン情報 などに解説あり)

後者は、初期設定が大変だし、管理者ページでのメンテナンスもHTMLコードを弄る比率が高い。ただし表示順を自分で管理しているので、FC2ブログ側でのソート条件に関係なく表示順をソートできるのがメリット。(FCafe, FC2ブログのテンプレート工房 などに解説あり)

検討した結果、このブログでは後者の方式を採ることにした。またカテゴリー命名とカテゴリーの階層の構成は(マンドクサーなので)、2chのボード一覧に準拠した内容に俺ルール化。
[ 2007/05/28 02:17 ] blog | TB(1) | CM(0)   ブックマークに追加する
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://universalmotorgerat.blog94.fc2.com/tb.php/26-84f0cf9d

今まで何のことだかさっぱり解らなかったFC2BLOGのユーザータグの内容と使い方が解り収穫が大きかったです。 それと同時に、以前からFC2BLOGの複数カテゴリーをなんとかしたいと思っていたことが同時に解決することが
[2007/09/27 01:05] 下書き
Profile

ウニモグ

Author:ウニモグ
About - このブログについて
Credits - 利用素材などの記載
Contact - フォームによるお問合せ

Recent comments
Monthly Archives
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。