2017 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック(-) | コメント(-)

ブログスカウターとあわせて読みたい 

BlogScouter というサービスがサイバーエージェント子会社の CyberBuzz から発表されました。

ページ・ビュー、ユニーク・ユーザー、バック・リンク、更新頻度などを独自の指標によって単一の数値に換算し、これをブログの影響力として表示するブログパーツを提供するもののようです。スカウターというとドラゴンボールのアレですが、Webスカウターという先行サービスがあるだけにネーミングが二番煎じの感が…

BlogScouter も一種のランキング・システムと言えますが、計算方法が妥当かとか、何かの色眼鏡で下駄を履かせないかという面を信用するしないという種類のものではなく、お遊びというところのモノでしか無い。今の所、ブログ開設者にもブログ閲覧者にも具体的なメリットが何かという事は明らかにされておらず、『なんとBlogScouterポイントが60ポイントを越えるとブロガーの皆さんにメリットがいっぱいの「すごい体験。すごいブログライフ。CyberBuzz」から直接登録のお誘いが…?』という疑問形の良く判らないアオリが記載されているだけだ。おそらくブログによるマーケティングのための情報収集ツールとして利用されるだけなのが現状かと思う。

一応管理画面では、はてなブックマーク、 del.icio.us、 Livedoor Clip の被ブックマーク、Google、 Yahoo の被リンクとインデックス、 それからブログ自身のページビュー数、ユニークユーザー数、更新頻度を確認することができる。ツール的には正直たいしたことは無くて、ライトユーザー向けと言っていい。アクセス解析として頼れるレベルではないので、そういう用途には餅は餅屋の正面切ったアクセス解析を設置すべき。

このサービスを通じて、他のユーザーとスカウター数値の見せっこが出来るかというと、コミュニティというかポータル的な機能は全く無い。まだ始まったばかりなので、今後どういう展開を見せるのかという期待は勿論ある。渋谷ではたらくバズ社長のアメブロでは『ブログスカウターは今後随時ユーザーの皆様がより使いやすいサービスにバージョンアップ予定です。』と力強く表明してるので…

さて、こうした人気メーターみたいなものを設置してうまく利用できそうなサービスに仕上げてるモノとしては、既にサイドフィードが発表している『feed meter』+『あわせて読みたい』が思い浮かぶ。

RSSフィードの「人気度」と「更新頻度」を計測し表示する既発サービス feed meter に連携して、ブログ読者が「よく読んでいる」ブログを表示するブログパーツ『あわせて読みたい』を発表したわけです。ソーシャルな関係性が目に見えて示されるという、実際のブログ開設者にとってもブログ閲覧者にとっても実のあるメリットが感じられる。

登録のお手軽さ、実際にブログ間を結びつけるシカケ、シンプルなアイディアをストレートに実現するサイドフィードらしいサービスだと思う。

…そういう訳でサイドバー上に設置してみた。

[関連リンク]


[ 2007/07/08 21:10 ] blog | TB(1) | CM(1)   ブックマークに追加する
私も貼ってます。<あわせて読みたい
ウチのブログは検索サイトからの一見さん中心だからか、表示サイトが全然安定しませんけど…。
[ 2007/07/14 14:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://universalmotorgerat.blog94.fc2.com/tb.php/51-a4e26aeb

ドラゴンボールドラゴンボールが大好きな総合格闘家として、カーロス・ニュートン選手を記載したのですが、適切でしょうか?(^^; 07:09 2003年10月6日 (UTC):いいんじゃないですか。このドラゴンボールに影響を受けているのでしたら。 07:17 2003年10月6
[2007/07/25 07:32] ももかの記録
Profile

ウニモグ

Author:ウニモグ
About - このブログについて
Credits - 利用素材などの記載
Contact - フォームによるお問合せ

Recent comments
Monthly Archives
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。